ナーススクエア
icon_column
ナース・エッセイ

厳しい副師長と一緒の勤務日に限って寝坊!怒られると思いきや…

2018年06月02日 1,474 アクセス

テーマ:新人ナース時代の失敗エピソード

夜勤の仮眠

alarm

仮眠休憩には、必ずアラーム!

入職から半年、夜勤にも徐々に慣れてきた頃の話です。
夜勤中は食事休憩のほかに、仮眠休憩があります。
メンバーは交代で仮眠に行くのですが、ICUという場所柄、受け持ち患者さんが自分の仮眠休憩中に急変しないかな、大丈夫かな、と心配になり、私はほとんど眠れないことも多いです。
また、もし眠れた場合にも、スマホのアラーム設定をし、余裕を持って起きれるようにしています。

その日に限って…

その日は入院患者さん全員が落ち着いており、私も安心して眠ることができました。
そんな安眠できた仮眠から目覚めて、時計を見ると、なんと寝坊したことが発覚!
アラームは無意識のうちに止めていました。
そして、よりによって、その日のメンバーには、厳しい副師長さんがいらっしゃいました。

失敗を教訓に

飛び起きて、急いでナースステーションに戻り、大激怒されることを覚悟して「すみませんでした!」と謝ると、「どうしたのかと思った~」と先輩に声を掛けていただいただけでなく、「私も寝坊したことあるから大丈夫」と副師長さんも優しくフォローして下さりました。
急変や入院もなく、落ち着いた夜勤だったのが幸いでした…。
それ以来、スマホのアラームのほかに、キッチンタイマーを使うようになり、寝坊はしていません(笑)

●執筆●花 さん
ICU勤務
このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

[][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ナース・エッセイ」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト