ナーススクエア
icon_column
ナース・エッセイ

新人ナースが「仕事があってよかった!」と心から思ったワケ

2018年05月12日 1,561 アクセス

テーマ:失敗や挫折を乗り越えて

仕事があってよかった

situren

1年目の夏に起きた、失恋

挫折というにはあまりに小さな出来事なのですが…
看護師1年目の夏に、大好きだった彼氏にふられてしまいました。
悲しくて寂しくて、毎日泣いていました。
新人で仕事にもなかなか慣れていけないなどの仕事のストレスも重なり、ごはんが食べられなくなってしまいました。

失恋の悲しい気持ちが、いつの間にか…

でも、そんな失恋から立ち直らせてくれたのも仕事でした。
どんなに悲しくても食欲がなくても失恋なんて理由で仕事は休めないし、患者さんの前では笑顔でいないといけないし、新しい仕事もどんどん覚えていかなきゃならないし…
無理矢理出勤して、無理矢理笑顔でがむしゃらにがんばっていたら、いつのまにか悲しい気持ちになる時間が減っていました。
無理矢理作っていた笑顔もいつのまにか自然な笑顔になり、患者さんにも「あなたはいつも笑顔で優しいね」と声をかけていただき、その言葉でまた元気になりました。

仕事があってよかった!

目の前にやらなきゃいけないことがあり、それに向かってがんばることで得られる喜びがあったから、失恋から立ち直れました。
仕事があってよかった!と心から思いました。

●執筆●カップ麺 さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

[][][][][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ナース・エッセイ」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト