ナーススクエア
icon_bbs
ラウンジ☆セレクト

経管栄養のチューブ、「接続前にアル綿で拭く」は正しいのか?

2017年05月17日 3,640 アクセス

私の職場では経管栄養の注入、薬の注入の時、経鼻チューブ、胃ろうチューブの接続部をアルコール綿で拭いてから接続するよう指導されています。皆さんはどうされていますか?

経管栄養で使用するチューブをアルコール綿で拭いてから接続するのは、手技として正しいもの?実際、現場ではどのように行われているのでしょうか。
みなさんの意見をまとめました。

◇「ラウンジ☆セレクト」は「ラウンジ」で盛り上がった話題と、そこに寄せられたみなさんのご意見を紹介しています。

経鼻・胃瘻チューブ、アルコール消毒は必要?

■意味がないのでは…?

消毒の必要がなぜ有るのか、わかりません。栄養剤でべとべとと思うなら、ウエットティッシュで拭けばいいことです。

アルコール綿の無駄だと思います。少しこぼれるならティッシュでもなんでもいいです。

食品の殘渣物や汚れを拭き取るためなら ありだと思いますが、消毒の必要はない。

何が目的なのかが今ひとつわかりません。何のための、消毒なのでしょうか。

注射の時は接続部をアルコール綿で消毒しますが、胃瘻とNGチューブの接続部はアルコール綿で消毒してないです。

1 2

[]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ラウンジ☆セレクト」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト