ナーススクエア
icon_aruaru
ナースあるある

半数以上のナースが優越感を感じるのは、こんな時!

2016年02月01日 5,563 アクセス

ナースあるある☆「夜勤明けの朝、これから出勤の人々を見て、もう一仕事終えたぞ!という優越感を感じる?」

忙しかった夜勤明け、これから出勤する人々とすれ違うときに・・・自分はもう一仕事終えてる!という優越感に満たされる、なんてことありませんか?身体は疲れてるけど、ちょっとだけ満足感も?みなさんはいかがですか?聞いてみました。

集計期間:2015-11-16~11-21
有効票:1,286票

yuuetsukan

あるある!とお答えの方が多かったですね。
みなさんのコメントを見てみましょう。

夜勤明け、確かに優越感を感じます。

みなさん頑張って!と思う

ただでさえ「ランニングハイ」みたいな状態なのに、病室へ散っていくみんなを見て、「私は帰れる」とわくわくしてしまう。
清々しいですね、みんな働け働け〜!って思えてしまいます。

心のどこかが満たされる。

優越感と寝不足のハイテンションと拘束が解かれたことで、外がキラキラ感じます\(^o^)/
終わったという解放感、夜勤をやりこなしたという自負。
夜勤の時間は眠くてだるいですけど、あさになるとどこからかパワーがでてきて元気になります(笑)

でも嬉しいだけじゃない・・・

でも家に帰って寝て起きたら、日勤終わりのような気分になる
気持ちはそうだけど、身体的にはボロボロなくらい眠たい
→続いて、そうでもないよ、というみなさんのコメント
1 2

[][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ナースあるある」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト