ナーススクエア
admin-ajax
教えて!ナースの職場事情

耳鼻科ナースの特徴とは?

2015年03月17日 2,831 アクセス

花粉の季節になると大忙し

皆さん、耳鼻科にもナースがいることはご存知ですよね。中耳炎やアレルギー性鼻炎などをはじめとした耳と鼻における症状を取り扱う耳鼻科。花粉の飛散期には、実に患者数が増えることで有名です。ここで働くナースにはどのような特徴があり、どのような働き方をしているのでしょうか。

耳鼻科ナースの仕事内容

耳鼻科の看護師には、実にさまざまな業務があります。大きく分けて、検査、治療、疾患に応じた看護、周手術期看護、疾患に応じた看護などです。

検査とは、例えば外耳、外耳道、中耳の観察を行って、病変の有無を判定する耳鏡検査や、聴力検査の介助などがあります。

治療においては、口腔から頸部への視診や触診の介助のほか、唾液腺検査、味覚検査の介助までも行います。また、術後ケアや疾患に応じた看護というのも重要な業務となります。

一見、耳鼻科というと内科や外科などと比べれば業務量も少なく楽なのではないかと思われていることもありますが、経験者によれば、一概に楽というわけではないようです。

耳鼻科ナースの特徴と適正

耳鼻科は、それほど重大な病気が起きることはないといわれていますが、少々の痛みを伴うシーンもあるので、看護師としての患者さんケアについて、力量が問われます。また、患者さんは子どもが多い傾向があるので、子どもとコミュニケーションをとるのが得意な人なら楽しいでしょう。

一方、花粉症の時期になるとどうしても急激に患者さんが増えるのは、少々耳鼻科の懸念点でもあります。テキパキと要領よく仕事をこなせるナースであればやり抜くことができるでしょう。仕事内容としては、採血や点滴は他の科と同じようにあるのでそれほど変わりないかもしれません。

耳鼻科ナースの給料

耳鼻科や耳鼻咽喉科で働くとどれくらいの給料が見込めるのでしょうか。もちろん、病院の規模によっても変わってきます。

耳鼻科の場合、個人医院も多いので、小さい場合は給料もそれなりのようです。一方大規模な病院であれば、それに応じた額の給料の見込みはあるでしょう。

耳鼻咽喉科など。手術が必要になってくる病院では、手術手当が出るため、かなり高額が見込めるといわれています。

耳鼻科で働いてみたいと思ったら

耳鼻科では、専門知識とスキルが身に付き、子どもとのコミュニケーション力が培われます。そして、忙しい花粉症の時期を乗り切れば、テキパキ仕事がこなせるスキルも身に付くことでしょう

単科クリニックから総合病院までいろいろあります

ナース専科でも、「残業なし」「休日多め」「給与高め」など、あなたの希望条件に合わせて、お近くの看護師求人を簡単に検索できます。
>>さっそく、求人を検索してみる。
編集 ナース人材バンク
年間10万人以上の看護師さんが利用する、実績No,1の転職支援サービス、 ナース人材バンク が運営する「ナースの転職知恵袋」から、看護師転職のお役立ち記事・情報をお届けします。

[][][][][][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「教えて!ナースの職場事情」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト