看護用語集

うっ血性心不全

うっけつせいしんふぜん 1,188アクセス

うっ血性心不全とは心臓のポンプ機能が不十分なために全身に血液を送り出すことができず、血液がうっ滞している状態についてを示す病態のこと。

症状
うっ血による体液量の増加、尿量の減少に伴う体重の急激増加、浮腫が生じる。
また、肺水腫となるため呼吸困難を起こして、就寝時に息苦しくなる夜間発作性呼吸困難が生じたり、起座呼吸(上半身を起こすと呼吸しやすくなる)、全身倦怠感や息切れ、めまい、失見当識もみられる。
他には循環不全による頻脈不整脈や脳への血流減少によるめまいや失見当識などもみられる。

[病態][臨床看護][呼吸ケア][急性][慢性]

同義語・略語
うっ血性心不全の同義語・略語は未登録です

うっ血性心不全 に関連する看護用語

うっ血性心不全 に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト