看護用語集

SpO2

えすぴーおーつー 61,073アクセス

SpO2(経皮的動脈血酸素飽和度)とは、動脈血中のヘモグロビンが酸素とどのくらい結合しているかをパーセントで表示したものである。

飽和度(saturetion)のS、脈拍(pulsation)のp、酸素のO2を合わせて、SpO2と表現されている。SpO2正常値は90~100%である。

SpO2PaO2動脈血酸素分圧)は連動しており、SpO2をみることでPaO2を推測することが可能である。例えば、SpO2が90%未満になった場合には、PaO2が60mmHgを下回っていることが予測でき、呼吸不全を疑う。

SpO2はパルスオキシメータによって測定できる。パルスオキシメータは指先にプローブを装着したり、耳たぶにシールを貼ることによって、侵襲なく簡便に利用できる点、連続的にモニタリングできる点がメリットである。ただし、脈拍を検知できない場合や透過光が妨げられいる場合には、正しい測定値を得ることができないため、注意が必要である。

[急変対応][検査・検査値][呼吸ケア][ICU][血液ガス]

同義語・略語
経皮的動脈圧酸素飽和度

SpO2 に関連する看護用語

SpO2 に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト