看護用語集

スタンダードプリコーション

すたんだーどぷりこーしょん 1,526アクセス

スタンダードプリコーション(標準感染予防策)は、感染の有無にかかわらず、汗を除くすべての湿性生体物質(血液・体液・分泌物・排泄物・傷のある皮膚、粘膜)には感染リスクがあるとみなしおこなう感染予防策のことである。

感染予防の3原則として、「1.感染源の除去」「2.感染経路の遮断」「3.感受性宿主への対応」が挙げられる。
感染対策は「2.感染経路の遮断」を目的にしており、スタンダードプリコーション感染経路別予防策の2段階で予防することが基本である。
スタンダードプリコーションの対象者はすべての患者で、感染経路別予防策の対象者は、特定の感染症が疑われる患者である。

スタンダードプリコーションには下記11つがある。
手指衛生
個人防護具
呼吸器衛生/咳エチケット
・使用した器材の再生処理
・リネン管理
・環境への対策
・適切な患者配置
・廃棄物の処置
・針刺し対策
・安全な注射手技
・特殊な腰椎穿刺処置時の感染対策

[臨床看護][感染管理]

同義語・略語
標準感染予防策

スタンダードプリコーション に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

スタンダードプリコーション に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト