看護用語集

急変

きゅうへん 961アクセス

急変とは、患者の状態が急に変わることである。

急変時における初期対応には、安全の確認・ドクターコールと救急処置の準備・情報収集とバイタルサイン測定がある。

安全の確認…安全の確認には感染予防と周囲の状況確認の2つがある。
感染予防については、スタンダードプリコーションを行う。周囲の状況確認においては、危険な場所でないことや危険物がないかなどを判断して、必要であれば、適切な場所に患者を移動させることもある。

医師への連絡と救急処置の準備…その場を離れずに応援を呼び、ドクターコールを行う。
救急カートを要請して、気道確保や静路確保を行っていく。

情報収集とバイタルサインの測定…主観的(意識があれば)情報と客観的情報を収集する。
このとき特定の部位のみの情報収集に専念するのではなく、まず全身をざっと観察してから、次に症状を呈している部位に焦点をあてて情報収集を行う。
同時に脈拍数や呼吸数血圧酸素飽和度意識レベルなどを測定する。

[急変対応]

同義語・略語
急変の同義語・略語は未登録です

急変 に関連する看護用語

急変 に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト