看護用語集

ビーフリード

びーふりーど 6,873アクセス

ビーフリードとは、大塚製薬工場が販売する「アミノ酸・糖・電解質・ビタミンキット」のことである。
正式な商品名は「ビーフリード輸液」で、規格は1L/1キット。

効果・効能は、経口摂取不十分(軽度の低栄養状態、軽度の低蛋白血症)のアミノ酸補給、水分補給、電解質補給、ビタミンB1補給、手術前後のアミノ酸補給、水分補給、電解質補給、ビタミンB1補給である。
輸液バッグは上室と下室に分かれており、上室には、アミノ酸と電解質液、下室にはビタミンB1・糖・電解室液が入っている。投与前に上室と下室の隔壁を開通させる。
開通時には、必ず下室を両手で押し、開通確認カバーが外れたことを確認する
。上室を押した場合、開通確認カバーが外れないようになっている。
開通したら、開通確認カバーを外し、上室と下室を交互に押して、よく混合する。
外袋を開封したもの及び上室液と下室液を混合したものは速やかに使用する。
状況に応じて、ビタミンの光分解を防ぐための遮光カバーを用いる場合がある。

[臨床看護][輸液ケア][]

同義語・略語
アミノ酸・糖・電解質・ビタミンキット ビーフリード輸液

ビーフリード に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

ビーフリード に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト