看護用語集

中心静脈

ちゅうしんじょうみゃく 3,733アクセス

中心静脈(Central Vein:CV)とは、上大静と下大静を指す。

中心静脈は末梢静よりも太く、血流が速いため、投与された薬剤などがすばやく希釈される。そのため抗がん剤や心血管作動薬、高浸透圧輸液などを投与するための経路として適している。

中心静脈から薬剤などを投与する場合、中心静脈カテーテル(Central Venous Catheter:CVC)を挿入する必要がある。

中心静脈カテーテルの挿入部位には、内頸静、鎖骨下静、肘部皮静、大腿静がある。

患者の状態をみて医師が決定するが、気胸などの合併症が少ないことから内頸静を第一選択とすることが多い。長期間の留置を予想する場合には、固定性がよい鎖骨下静を選択する。

また、皮下埋め込み型ポート(Central venous port、CVポート)を皮下に埋め込むことで、カテーテル関連血流感染予防や長期間の留置が可能となる。また外来通院での化学療法も可能となり、治療中のQOL向上を期待できる。

[急変対応][チューブカテーテル][急性][輸液ケア][慢性][][感染管理][がん][ICU][ER][外来]

同義語・略語
CV

中心静脈 に関連する看護用語

中心静脈 に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
人気記事ランキング@ナーススクエア
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト