看護用語集

ガウンテクニック

がうんてくにっく 3,931アクセス

ガウンテクニックとは滅菌ガウンを汚染することなく着用する方法のことである。手袋を先に着用するオープン法と、最後に着用するクローズド法がある。

ガウンテクニックは、救急外来手術室、血管造影室、一般病棟(中心静脈カテーテル挿入時など)で主に使用する。

実施時には、滅菌ガウンが周囲に接触して汚染しないように広いスペースで行う。
ガウンテクニックの手順(クローズド法)は、以下の9つである。
1.ガウンを取り出す
2.ガウンを広げる
3.そでに腕を通す(介助者は肩ひもをしっかりと保持する)
4.介助者に肩ひもと腰ひもを結んでもらう
5.ベルトホルダーを介助者にわたす(介助者はホルダーの赤い部分を受け取る)
6.腰ひもを回す(介助者はホルダーをしっかり保持する)
7.ベルトホルダーからひもをはずず(介助者はホルダーからひもがはずれるようにしっかりと持つ)
8.腰ひもを結ぶ
9.滅菌手袋を装着する

[臨床看護][手術][感染管理][ICU][ER]

同義語・略語
gown technique

ガウンテクニック に関連する看護用語

ガウンテクニック に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト