看護用語集

分時換気量

ふんじかんきりょう 49,959アクセス

分時換気量(minute volume:MV)とは、1分間に肺に出入りするガスの量のことである。

たとえば、一回換気量500ml、換気回数10回だと、分時換気量は5,000mlとなる。
一回換気量(tidal volume:VT)とは、一回の換気で出入りするガスの量のことである。
人工呼吸器管理下では肺損傷を少なくするために、体重1kg当たり6~8mlで一回換気量を設定する。

体重は実体重ではなく、身長から計算する「理想体重」を用いる。
なぜならば、肺のサイズは実体重ではなく理想体重に比例していると言われているためである。

理想体重は以下の式から求められる。
男性:50+0.91×(身長-152.4)
女性:45.5+0.91×(身長-152.4)

一回換気量が多すぎると肺胞が過剰に膨張して、損傷する危険性がある。
一回換気量が多きすぎて肺損傷を来たしてしまうことを容量損傷、圧のかけすぎによる肺損傷を圧損傷という。
この2つを代表として、人工呼吸に起因する肺障害を人工呼吸器関連肺障害(ventilator-induced lung injury:VALI)という。
人工呼吸器関連肺障害を予防するために、一回換気量を調節したり、高二酸化炭素血症の容認、自発呼吸を温存した呼吸管理法などがある。

[人工呼吸器][呼吸ケア]

同義語・略語
minute volume MV

分時換気量 に関連する看護用語

分時換気量 に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
人気記事ランキング@ナーススクエア
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト