看護用語集

体位ドレナージ

たいいどれなーじ 15,222アクセス

体位ドレナージとは、分泌物が貯留した肺区域を上にした体位をとることで、重力を利用して分泌物を移動・排出させる方法である。
粘液が貯留している部位が上になると酸素化が改善する。

粘液のドレナージ効果だけでなく、粘液貯留部位に換気が入りやすくなることで、換気分布の変化をきたし、呼吸運動の改善によって機能的残気量が正常化して、血流が重力によって換気のよい下側に移動することで、換気血流比の不均衡の改善が促される。

また、スクシージングなど他の排痰ケアと組み合わせて行うと、より効果的である。

肺区域ごとに以下のように決められた体位がある。

仰臥位…肺尖部、前上葉区、前肺底区
腹臥位…上下葉区、後肺底区
側臥位…外側肺底部、患側上の肺野
45度前傾側臥位…後上葉区
45度後傾側臥位…中葉、舌区

以下の患者の場合、体位ドレナージを絶対に行ってはいけない。
・頭頸部外傷による脊椎固定の不安定状態
・活動性出血を伴った循環動態不安定の患者

[人工呼吸器][呼吸ケア]

同義語・略語
postural drainage

体位ドレナージ に関連する看護用語

体位ドレナージ に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト