看護用語集

DESIGN-R

でざいんあーる 2,498アクセス

DESIGN-Rとは、2008年に日本褥瘡学会より公表された褥瘡の重症度と経過を下記の7項目で評価するツールである。

・Depth(深さ)
・Exudate(滲出液)
・Size(大きさ)
・Inflammation/Infection(炎症/感染)
・Granulation(肉芽組織)
・Necrotic tissue(壊死組織)
・Pocket(ポケット)

各項目はさらに細分化され、それぞれに点数が付けられており、合計0点~66点で重症度を表す。軽度をアルファベットの小文字(d.e.s.i.g.n)、重度を大文字(D.E.S.I.G.N)で表記する。

重症度が高いほど高点数となり、点数が低くなれば改善傾向と判断し、重症度と経過を一緒に評価することができる。

原則として褥瘡発生から悪化する急性期には使用しない。急性期は病態の変化が多岐にわたり、評価が複雑となり1つのスケールとしてまとめるのは困難と判断されたためである。

[フィジカルアセスメント][看護記録][慢性][高齢者][在宅]

同義語・略語
DESIGN-Rの同義語・略語は未登録です

DESIGN-R に関連する看護用語

DESIGN-R に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト