看護用語集

リンクナース

りんくなーす 642アクセス

リンクナースとは、感染制御チームや褥瘡対策チームなどの専門チームと病棟看護師をつなぐ役割をもつ看護師のことである。

イギリスで確立されたシステムで、導入当初は、感染管理分野のみだったが、現在では、感染管理褥瘡対策、栄養サポート、緩和ケア、退院調整、摂食・嚥下などの分野に拡大されている。

具体的な活動は、各委員会への参加、病棟スタッフへの教育、病棟内サーベイランスや評価と問題点の抽出などがある。これらの活動によって、病棟スタッフの看護の質を向上させる。
また、病棟での問題点を委員会や専門チームと共有することで、病院全体のレベルアップにも寄与する役割もある。

リンクナースになるためには、リンクナースシステムがある病院で働き、院内研修などに参加して専門知識を深めていく必要がある。
最終的に病棟内で選出されることで、リンクナースとなっている看護師が多いようである。
また認定看護師や専門看護師の資格を将来的に取る予定がある場合は、リンクナースの経験を積んでおくと専門分野の知識が深まるので、よいとされている。

[褥瘡ケア][感染管理][疼痛ケア][在宅][摂食嚥下]

同義語・略語
Link nurse

リンクナース に関連する看護用語

リンクナース に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト