看護用語集

リザーバーマスク

りざーばーますく 2,098アクセス

リザーバーマスクとは、酸素を貯留させておくリザーバーバッグがついてる酸素マスクのことである。

酸素投与器具の中では低流量システムに分類され、他の酸素投与方法に比べて、高濃度の酸素吸入が可能。
リザーバーマスクのしくみは、吸気時と呼気時の弁の開閉にある。
呼気時は、マスク外に通じる弁が開き二酸化炭素を排出、また配管からリザーバーバッグ内に通じる弁が開き、リザーバーバッグ内に酸素が供給される。
吸気時は、マスク外に通じる弁が閉じて、空気が混入することを予防、また患者へ通じる弁が開き、配管とリザーバーバッグ内の酸素を吸入することができるようになっている。
空気が混入することを防ぐために、マスクと顔をしっかりと密着させる必要がある。

リザーバーマスク酸素療法を行う際には、酸素流量は6L/分以上に設定する。6L/分では吸入酸素濃度(FiO2)は60%、10L/分では吸入酸素濃度(FiO2)は100%になるが、マスクと顔の隙間から空気が混入するため、実際には吸入酸素濃度(FiO2)は低くなる。

[人工呼吸器][呼吸ケア][急性][慢性][ICU][在宅][ER]

同義語・略語
リザーバーシステム リザーバー付きマスク

リザーバーマスク に関連する看護用語

リザーバーマスク に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト