看護用語集

エネーボ

えねーぼ 1,595アクセス

エネーボとは、アボットジャパン株式会社が販売している半消化態栄養エネーボTM配合経腸用液のことである。

半消化態栄養剤には、エネーボの他に、エンシュアリキッドやラコールなどがある。
これらの半消化態栄養剤は、天然食品を人工的にある程度消化分解したもので、たんぱく質は大豆たんぱく、糖質はデキストリン、脂質は大豆油などの形で含んでいる。消化吸収能力がある患者に適応される。

エポーネの効能・効果は、「一般に、手術患者栄養保持に用いることができるが、特に長期にわたり、経口的食事摂取が困難な場合の経管栄養補給に使用する」である。
また特徴は、たんぱく質の配合比率を高めるとともにBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)が強化されており、また経腸栄養剤として初めてとなる栄養成分であるセレン、カルニチン、フラクオリゴ糖、クロム、モリブデン、タウリンを配合していることである。
1缶は250mlで、カロリーは300kcalである。

[慢性][高齢者][手術][在宅][摂食嚥下]

同義語・略語
エネーボTM配合経腸用液

エネーボ に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

エネーボ に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト