看護用語集

アンビューバッグ

あんびゅーばっぐ 11,919アクセス

アンビューバッグとは、マスクを顔に密着させ、バッグを押して換気を行う医療機器である。 一般名はバッグバルブマスク(Bag Valve Mask:BVM)であるが、ドイツのアンビュー社が販売している製品が広く知られているため、商品名である「アンビューバッグ」と呼ばれることが多い。

アンビューバッグで換気を行うためには、気道確保を行い、マスクをしっかりと密着させ、固定することが大切である。EC法による固定方法が一般的である。EC法とは、第三指、第四指、第五指の3本指で患者の下顎を引き上げ(Eの形)、第一指と第二指でマスクを押さえる(Cの形)固定方法である。

EC法で気道確保とマスク固定をしたら、反対の手でバックを押し送気を行う。このとき必ず胸郭が上がっていることを確認する。胸郭が上がっていない場合は、気道確保が出来ていない、または、マスクが密着しておらずエアリークしていることがほとんどである。

手の小さい人でEC法が困難な場合は、バックを押す役割とマスクを固定する役割の2人で行うことで確実な換気を行うことができる。

[急変対応][人工呼吸器][呼吸ケア][急性][慢性][ICU][ER][外来]

同義語・略語
バッグバルブマスク Bag Valve Mask BVM

アンビューバッグ に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

アンビューバッグ に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト