看護用語集

心胸郭比

しんきょうかくひ 56,351アクセス

心胸郭比(Cardio Thoracic Ratio:CTR)とは、胸郭横径に対する心横径の比率を百分率で表した指標で、心拡大の程度を知ることができる。また、透析患者の基準体重(ドライウェイト)を決める指標でもあり、心胸郭比が増大している場合には基準体重を減少させる必要がある。

心胸郭比は、胸部レントゲン画像から心臓最大横径と胸郭最大横径を計測し、以下の計算式から求めることができる。

心胸郭比=心臓最大横径(cm)÷胸郭最大横径×100

基準値は、0~1歳:39~65%、1~2歳:39~60%、2~15歳:40~50%、15歳以上:59%以内である。ただし仰臥位で胸部レントゲン撮影した場合は60%以下が正常とされている。

胸部レントゲン撮影時に十分に息を吸わないと、胸郭最大横径が小さく計測されてしまうため、心胸郭比を正しく算出できなくなるので注意が必要である。

基準値を超える場合、弁膜症、心筋症、心筋梗塞、高血圧心房細動などよる心拡大を疑い、心エコーなどで精査を行う。

[検査・検査値][フィジカルアセスメント][糖尿病・透析]

同義語・略語
CTR 心胸比

心胸郭比 に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

心胸郭比 に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト