看護用語集

高度房室ブロック

こうどぼうしつぶろっく 1,729アクセス

高度房室ブロック(high-grade atrioventricular block)とは、心房から心室への刺激伝導が3:1以下(3つに1つのP波しか心室に伝導されない)に低下する病態である。

基本的には、心房から心室への刺激伝導が完全に途切れている完全房室ブロック(CAVB)と同様の病態である。

症状完全房室ブロック(CAVB)と同様、アダムス・ストークス発作や心不全症状、易疲労感などが代表的である。

主な原因は、心筋梗塞に伴う心筋細胞の壊死、または何らかの原因による房室結節付近の障害などがある。

治療は、可逆性か不可逆性で異なる。可逆性の場合、急性下壁心筋梗塞や異型狭心症、薬剤性、電解質異常などが原因となるため、それらの原因を除去する治療を行う。不可逆性の場合、ペースメーカーの植え込みを適応する。

また高度房室ブロックが重症化してしまうと、完全房室ブロック(CAVB)に移行し心房と心室がそれぞれ独立した収縮を繰り返し、徐となり心拍出量や血圧が低下し、緊急対応を要する。

[急変対応][心電図][検査・検査値][急性][フィジカルアセスメント][慢性][ICU][ER][外来]

同義語・略語
房室ブロック 2度房室ブロック

高度房室ブロック に関連する看護用語

高度房室ブロック に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト