看護用語集

ターゲス

たーげす 13,052アクセス

ターゲスとは、血糖値の日内変動のことである。

1日の血糖値の推移をみることによって、インスリン投与量の検討や血糖コントロールの状態把握をして、糖尿病治療に役立てる目的がある。
朝食前、朝食後2時間、昼食前、昼食後2時間、夕食前、夕食後2時間、夜中の7回分を測定する。

ターゲスを調べるためには、静から採血して検査室で血糖値を測定する必要がある。
毛細血管から血液を採取するデキスター(簡易血糖測定器)では、一般的には測定しない。 また血糖のコントロール状態を知るための検査項目には、HbA1c(グリコヘモグロビン)がある。HbA1cからは過去1~2ヶ月の血糖コントロール状態を知ることができる。検査前の食事や飲酒、それに検査に時間によって変動するのに対し、HbA1cはそれらにほとんど影響を受けないという特徴がある。

糖化アルブミンやフルクトサミンからは、過去1~2週間の血糖平均値を知ることができる。
HbA1c(グリコヘモグロビン)を測定する場合はこれらも同時に測定することが望ましい。

[検査・検査値][慢性][糖尿病・透析]

同義語・略語
血糖日内変動

ターゲス に関連する看護用語

ターゲス に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト