看護用語集

デキスター

できすたー 2,994アクセス

デキスターとは、簡易血糖測定器のことである。デキストロース(別名:ブドウ糖、グルコース)を測定するため、このように呼ばれている。

さまざまなメーカーの製品があるが基本構造(メインパネル・センサー装着口・廃棄レバー)は共通している。
メインパネルには測定した血糖値や日時などが表示される。センサー装着口には測定用センサーを装着する。測定用センサーには、測定に必要な薬剤を添加されており、採取した血液と反応させて血糖値を測定できるようになっている。
廃棄レバーは、血液が付着した測定用センサーに触れることなく廃棄するためについている。

簡易血糖測定器の使い方は、基本的には、下記の5段階である。

1.電源を入れて、測定センサーを装着する。
2.測定用センサーの保護ケースをはずず。
3.メインパネルで測定の準備が完了したことを確認する。
4.測定用センサーを血液に押し当てる。
5.測定結果を待つ。

簡易血糖測定は主に血糖コントロールの状況を把握するために行われる。
血糖コントロールの状況を把握することは、セルフケアへの意欲を高めることにつながるので、理解力や判断力がある患者の場合、積極的に自己測定を行うことが望ましい。

[臨床看護][検査・検査値][糖尿病・透析]

同義語・略語
簡易血糖測定器

デキスター に関連する看護用語

デキスター に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト