看護用語集

ウロガード

うろがーど 15,680アクセス

ウロガードとは、テルモ株式会社が販売する蓄尿バッグ(ウロガードプラス)のことである。株式会社メディコンでは、ウロバッグの名称で販売している。

蓄尿バッグは膀胱留置カテーテルの挿入中に尿を溜めるために使用する。

蓄尿バッグが膀胱より上に来てしまうと、尿が逆流して尿路感染の原因となる。また、床についてしまうことも尿路感染の原因となるため、膀胱より低くかつ床に付かない高さに取り付ける。

現在は、尿路感染予防の観点から、膀胱留置カテーテルと蓄尿バッグの接続部が一体となった閉鎖的カテーテルキットが主流となってきている。

蓄尿バッグが紫色に着色する、紫色蓄尿バッグ症候群(PUBS)は、尿路感染便秘が併発することで起こる。これは、トリプトファン(必須アミノ酸)が腸内細菌や尿路に感染した細菌によって、青色や赤色に変化して混合され、紫色になる現象である。特別な対応をする必要はなく、原因である便秘への対応と尿路感染への対応を行う。

[臨床看護][チューブカテーテル]

同義語・略語
蓄尿バッグ ウロバッグ

ウロガード に関連する看護用語

該当する用語はありませんでした

ウロガード に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト