看護用語集

ダブルルーメン

だぶるるーめん 21,748アクセス

ダブルルーメンとは、1本のカテーテルまたチューブの内腔が2つになっているものである。
ルーメン(lumen)は内腔を意味する言葉。

ダブルルーメンの他に、シングルルーメン(内腔が1つ)、トリプルルーメン(内腔が3つ)などがある。ダブルルーメン、トリプルルーメンはそれぞれの腔の太さ(径)が異なる。

ダブルルーメン構造をもつカテーテル・チューブには、中心静脈カテーテルや血液透析カテーテル、胃管チューブなどがある。
侵襲が大きい手術の場合、ICUへの入室が予定されている場合などには中心静脈圧測定やカテコラミンなどの投与が必要になることが多いため、ダブルルーメンまたはトリプルルーメンカテーテル中心静脈カテーテルを挿入する。
一般的にルーメンの数が多いほど、カテーテル関連血流感染の発生率が多いといわれている。
そのため中心静脈栄養(total parenteral nutrition:TPN)を行う目的のみの場合には、シングルルーメンのカテーテルを選択することが望ましい。

[臨床看護][チューブカテーテル]

同義語・略語
double lumen

ダブルルーメン に関連する看護用語

ダブルルーメン に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト