看護用語集

ERBD

いーあーるびーでぃー 27,460アクセス

ERBDとは、endoscopic retrograde biliary drainegeの略語で、内視鏡的逆行性胆道ドレナージ術のことである。胆道の狭窄部位にステントを留置して、胆汁の通り道を確保し、胆汁を十二指腸内に排出させる「内瘻法」を指す。胆汁を経鼻的に体外に排出させる方法は「外瘻法(endoscopic naso-biliary retrograde biliary drainege: ENBD)」と言う。

胆管結石、胆のう炎、胆道がんなど、良性・悪性胆道狭窄症例が適応となる。

主に、内視鏡的逆行性膵胆管造影(endoscopic retrograde cholangiopancreatography: ERCP)と一緒に行われる。

ERCPによって狭窄部位を見極め、狭窄部上流にガイドワイヤーを挿入して、ステントを留置する。

体位は腹臥位だが、医師によっては初めは左側臥位で行い、途中、腹臥位に変更することがあるため、スムーズに体位変換できるようにしておく必要がある。

[検査・検査値][チューブカテーテル][手術][感染管理][がん]

同義語・略語
内視鏡的逆行性胆道ドレナージ術 endoscopic retrograde biliary drainege

ERBD に関連する看護用語

ERBD に関する投稿

単語検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト