ナーススクエア
icon_bbs
ラウンジ☆セレクト

病棟ナースが男性のバルン挿入を禁止されてる理由

2018年05月07日 27,623 アクセス

新人です。オペ室の看護師はバルンの挿入を日常的にしていますが、病棟看護師は男性のバルン挿入が禁止されています。
調べてもちゃんとした規制などはないようなのですが、これはどの病院でも禁止されているのでしょうか?また、なぜそのようにされてるのか理由・根拠を知りたいです。
男性は尿道が長いから損傷しやすいとか難しいからとかの理由だけなのか…

◇「ラウンジ☆セレクト」は「ラウンジ」で盛り上がった話題と、そこに寄せられたみなさんのご意見を紹介しています。

病棟ナースが男性のバルン挿入を禁止されている理由

■男性のバルン挿入、禁止されていますか?

法律的な規制はありません。が、男性の膀胱留置カテーテルの留置を禁止しているところが多いように思います。

尿道に損傷や問題がない場合以外は普通に看護師が入れてますよー!そんな規則?あるんですねー

基本的には男性看護師。挿入困難患者は医師。手技に不安なく経験値の高い女性看護師は入れて良いことになってます。

必要に応じては、挿入しています。挿入困難があったりすれば、医師に依頼しますが、絶対の規制/制限はないと思います。

膀胱留置カテーテルを看護師が男性患者に挿入してはいけないという法律やそれに類する通達などはありません。

看護師が入れてますよ。オペナースですが、救急外来にもいくので、男女問わず行います。ウロの患者さんのみ医師にお願いします。

男性の持続バルンは医師がしていました!!一時的でしたら医師の指示があれば良かったので、医師がすぐに動けない時はそれでしていました。今の職場は全て医師がしています。

男女とも導尿は一時的でもバルンでも看護師で行ってます。挿入困難があった場合に主治医報告して泌尿器科にコンサルトされる流れです。

[次ページ]病院・施設によって変わる対応

1 2

[]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ラウンジ☆セレクト」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト