ナーススクエア
pose_ng_woman (1)
看護師間で起こっている「診療科に対する誤解」

小児科=元気いっぱいの子供たち、というわけでは…

2018年02月13日 176 アクセス

経験していないからこそ受ける「診療科に対する誤解」。経験したナースが少なければ少ないほど、その誤解は大きくなります。
今回より2回は、今までご紹介した以外で経験する方が少ないと考えれる「診療科」への誤解をご紹介していきます!
それでは、どうぞ!
gokai 7

私の診療科、ここを誤解されてます!

療養病棟

ゆっくり看護が出来る。患者の病状が落ち着いている。患者と向き合える。
そんなことはありません。一般科よりずーっと少ない職員人数で患者を看ているため忙しいし、病状が落ち着いていない患者もいるため、医療処置も多かったりします。

医療行為が少く知識が乏しく思われがちですが、IVH管理も気管切開も人工呼吸機もモニター管理もあります。

→療養病棟は人が少ないからこそ、急変等が発生すると大変です…(体験済)
1 2

[]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「看護師間で起こっている「診療科に対する誤解」」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト