ナーススクエア
icon_aruaru
ナースあるある

自分が患者になると、ナースがついやってしまう○○

2017年12月30日 2,908 アクセス

あるある☆自分が患者の立場になると、薬を自己調整してしまう

患者さんにはお薬最後まで飲んでくださいねと言いつつも、自分が患者の立場になると、症状に合わせて薬をつい自己調整してしまい、最後まで飲みきらないことも。なんてこと、ありませんか?聞いてみました。

集計期間:2017-09-10~09-15
有効票:1,529票

ziko

あるある、というお答えが多かったようです。
みなさんのコメントを見てみましょう。

薬を自己調整してしまいます

指導しているのに

患者にはきちんと処方通り飲むように指導するけど…自分が患者のときは自己調整して飲んでますね(゚∀゚)
患者さんには服薬指導するけど…自分は守れてない(笑)

やめたり増やしたり

さすがに抗菌薬とかは、ちゃんと飲まないと、とは思いますが、あとは何故だか少しずつ残っています。
飲みきらなくてはいけないのは十分承知ですが、症状が軽くなったら・・。よほど症状がひどい時は真面目に飲みきります。
薬にもよりますが、風邪や胃腸障害での処方は調節します
症状がなくなると、やめてしまいますね(^ω^;)市販薬に至っては、効かなくて規定量の倍量で飲んだ事もあります←

いつかの時のために

インフルエンザになった時はさすがに飲み切りました。他は症状落ち着けばやめて、在庫しておく。勤務先においていない薬を他院で処方された時は、なかなか仕事休めなくて受診できないので、大切にとっておきます。
今まさにやってます。ペンタサやビオスリー、なかなか受診出来ないから分3なのに分1にしてる…。
抗生剤は飲みきりましょうと指導はするけど、自分は飲みきり前終了にして、またいつかの機会に……と、ストックにしてしまう
→続いて、「そうでもない」看護師さんたちのご意見
1 2

[][][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ナースあるある」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト