ナーススクエア
icon_column
ナース・エッセイ

一緒に勉強していた友人との差にショック。でも、先生は…

2017年11月29日 2,407 アクセス

テーマ:同僚・上司・患者さんの、この一言に救われた

うさぎとかめ

usagi

ショックだった模試の結果

私は今学生で107回の国家試験を受験予定です。先月、必修の模試がありました。
90%以上をとろうと、友人と2人で実習の合間や夏休みに必修対策を頑張っていたのです。
しかし、結果は私は75%と結果が出なかったのに対し、友人は91%と結果を出していました。
私は、結果が出なかったことと、友人はきちんと結果が出ていたことに対し、すごくショックでした。

うさぎとかめ

その日の放課後、別件でチューターの先生に呼ばれた際に「今日の模試のこと気にしてるでしょう?もちろん結果も大切だけど、さらに大切なのはどうがんばったかだと思うよ。それに、あなたはうさぎとかめのかめだと思う。結果に結びつくには時間がかかるかもしれないけど、確実に近づいてるから。焦らなくていいからね。」と言ってくださいました。
結果を気にしすぎていた傾向にあったので、先生の言葉にびっくりしたものの、いい意味で肩の力が抜けて勉強に取り組めるようになりました。
「うさぎとかめのかめのように、コツコツと着実に結果に結びつけていこう。」この一言は私の宝物です。

●執筆●sa-ya さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

[][][][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ナース・エッセイ」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト