ナーススクエア
icon_column
ナース・エッセイ

患者さんが気づかせてくれた、子供との関係の変化

2017年09月27日 647 アクセス

テーマ:患者さんから言われて印象的だった言葉と、そこから学んだこと

素敵なお母さん

haha

「素敵ないいお母さんなんでしょうね」

「あなたとお話をしていたら、癒される」と言われ、結婚してるか、子供がいるかなどの話になりました。
大学生と高校生の子がいることを伝えると「素敵ないいお母さんなんでしょうね。」と言われました。

子供の成長とともに

子供が幼い時は、怒ったり、イライラしたりすることもありましたが、今は、怒ることはもあまりなくなりました。
逆に子供に注意されたりすることはありますが、子供に対してイライラすることは、なくなり、子供と話をしていて気がつけば、よく笑っている自分がいます。
忙しい毎日の中で言われたその言葉は、そのことを発見させていただいた、と思いました。

癒し系ナースを目指して

以前と違い、年齢を重ねるとともに、体力も衰えて、家族に迷惑をかけることもあります。
私にとって「素敵なお母さん」という言葉は、本当に嬉しい言葉で、おそらくその方の会話の中でも、子供の話をしていたら、終始笑顔だったのではないかと思いました。
これからも癒し系ナースを目指して頑張っていこうと思います。

●執筆●ひなこ さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

[][][][][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ナース・エッセイ」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト