ナーススクエア
icon_bbs
ラウンジ☆セレクト

レシカルボン入れる前に摘便しないと意味がない?

2017年08月07日 12,395 アクセス

今日、こんな事を言われました。座薬入れる前に充分に摘便してから、座薬入れないと意味がないと…
私は疑問に感じました。レシカルボンは直腸に停滞した便秘を出す為に入れて排便を促すのではないのかなぁ…と。

私は今まで、レシカルボン入れて、入れた指に便が付着し、尚且つ、排便が少し、又は排便がない場合に摘便していたのですけど…先輩ナースの言う通り、摘便してから座薬を入れた方がいいのですかね?
摘便って、肛門傷つけるリスク高いし、患者さん苦しそうだし、過去にあまりしたことない手技です。

レシカルボンの薬効を考えると、むしろ摘便をしないために使う座薬なのでは…?
みなさんは、どのように使っていますか?現場の声をまとめました。

◇「ラウンジ☆セレクト」は「ラウンジ」で盛り上がった話題と、そこに寄せられたみなさんのご意見を紹介しています。

レシカルボンが先か、摘便が先か

■レシカルボンが先!

訪問看護ですが、可能な場合はご家族に訪問時間の前にレシカルボンの挿入をお願いすることもあります。

レシカルボンの使用法に、使用前に摘便の記載もないです。レシカルボン使用しても、十分な排便がなければ、摘便してます。先に摘便が十分できたら、レシカルボンは不用になるかと思います。

私自身レシカルボンをよく使用しています。使用する時は、硬便で腹圧を入れてもおりて来ないため、やむ負えず摘便しようと試みるけど、便が触れなかったり、固すぎて摘便できない時使いますよ。

1 2

[]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ラウンジ☆セレクト」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト