ナーススクエア
icon_column
ナース・エッセイ

勉強が楽しくなったのは、〇〇と考えなかったから

2017年07月29日 1,177 アクセス

テーマ:国試の勉強と実習の両立

実習の内容を生かす

ikasu

「合格しなきゃ」とか考えず

私は、看護師になりたかったわけではなく、入学当初はモチベーションがかなり低かったと思います。
初めて面白いと思ったのは解剖生理学を学んだ頃からです。
自分の体はこうなっているんだって、考えながら勉強していました。
看護師になる事にこだわらず、今勉強している事は自分の健康的な生活を送るためにも必ず役に立つ内容だからと、自分の為に頑張っていたように思います。
合格しなきゃとか考えずにいたら勉強が楽しかったですね。

気が付いたら過去問3周!

実習中は確かにあまり時間は無いですが、その分野の実習が始まるとき、終わったときにその分野の範囲の過去問をやっていました。
問題を解くというより、問題を理解する方に重きを置いていました。
解説を熟読していましたね。
後は、国家試験出題基準を見ながら問題と照らし合わせて、今勉強しているのはここだって、認識しながらやっていました。
そうしていたら3回以上は過去問をやっていたので、自然と自信がついていました。

●執筆●ミシェル さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

[][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ナース・エッセイ」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト