ナーススクエア
icon_bbs
ラウンジ☆セレクト

経管栄養時、患者さんへの声かけは「お食事」?「栄養」?それとも…

2017年03月17日 1,647 アクセス

今、働いている病棟には経管栄養の患者様が7割ほどと沢山いらっしゃいます。食べたい意志が強い患者様でも、誤讌性肺炎等のリスクから経口では援助しかねない患者様もいらっしゃるので「朝の栄養をはじめますね」というような言葉を選んで患者様に経管の準備を説明しています。
しかし、他のスタッフはお食事という言葉を使っている人が多くいます。食べたくても食べられないという事から私は、抵抗を感じてしまいますが 皆さんはどう考えますか?

患者さんとのコミュニケーションを円滑に進めるためにも重要な「声かけ」。看護師からの声かけ1つで、患者さん治療に対するモチベーションが上がったり、逆に怒らせてしまうこともあったり、なかなか難しいですよね。
みなさんは、経管栄養を始める際、どのように声かけしていますか?寄せられたコメントをまとめました。

◇「ラウンジ☆セレクト」は「ラウンジ」で盛り上がった話題と、そこに寄せられたみなさんのご意見を紹介しています。

経管栄養は、食事か否か

■自分だったら、どう言われたい?

個人的にいうと栄養を注入と言われたら、はっきり言うとサプリメントみたいでいやだ。機械的な感じがする。食事って言ってほしい。

もし、私が今の状態で経管栄養になったら、食事とかご飯とか言われるのは抵抗がありますね。私にとっての食事は、目で料理をみて、匂い、味覚、咀嚼、食感、嚥下、その雰囲気などを総合してのものなので。

私の父も鼻注で1年過ごしましたが、「ごはんですよ~」の声かけに腹がたちました。

栄養と言えば栄養なんでしょうけど、栄養と言われるよりご飯と言われた方が嬉しくないですか?私は、栄養と言われるよりご飯と言われたいですね(*^^*)

個人的に「栄養が入りますよ」という言い方はなんだか業務的な感じがしてしまい、ちょっと寂しいと思いました。

親不知を抜いて食べ物が食べられず、食事をエンシュアにしていた事があります。その時の私にとってごはんはエンシュアなわけで、栄養飲んでと言われるよりは、ごはんと言ってもらった方が、気分的には食べた気分になるし、お腹いっぱいになれそうな気がしました(^_^;)

1 2

[][][][][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ラウンジ☆セレクト」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト