ナーススクエア
icon_nursecall
え?これで??驚きの「ナースコール」

「前の病院では…」家族からの驚くべき「コール」とは?

2016年01月14日 3,282 アクセス

基本的に鳴ったらすぐに対応することになる「ナースコール」。でも、中には「ありえない」ナースコールもあって…。
今回は「家族」編を中心にお届けします。コールを押すのは、患者さんだけではないですもんね…。それでは、どうぞ!
family 2

ある意味対応が難しい「家族」からのコール

なぜ要件が言えなかったのか

「どうされましたか?」に「ちょっと来て下さい。」
「どのような要件でしょう?」に「いや、来てください!」
急ぎか状態が悪いのかと走って伺うと「お茶がないんです」と患者本人ではなく家族からの訴えであった。
結局家族に給湯器を案内した。

病院は託児所ではありません!

「こどもとは、遊んでくれないんでしょうか?前に入院していた病院では、看護師さんがもっと遊んでくれました」と、言われました。

なぜナースならわかると思ったのか

完全寝たきりの患者さんのご家族からナースコール。訪室すると、
「昨日、親戚がきたはずなんですけど、連絡ノートに何も書いていないんです。いつもは何かしら書いてくれているのに。事情があったんでしょうか?」
し ら ん が な

→家族のことは、家族内で解決してください…
1 2

[][][][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「え?これで??驚きの「ナースコール」」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト