ナーススクエア
icon_bbs
ラウンジ☆セレクト

同業者として、看護師・医師の対応にイラッ!

2015年11月20日 9,504 アクセス

長い人生自分や家族が入院する事もあると思います。
私はお産で自分の病院にお世話になりました。ただ、破水して夜間の緊入、定時入院の方と違い配布物のもれ、等があり私でこれなんだから、一般患者さんは…と思ったり。

旦那が入院した時は、「奥さん看護婦さんだから、点滴の速度合わせもらおうかな」とか、子どもが入院した時は病状の説明しに医師が来ないので旦那がキレてその言い訳が「忙しくて…。」呆れてしまいました。
同じ医療者にイラっとしたことありませんか?

日々、看護師として忙しく働いていると忘れがちな「患者さん目線」。自分が、家族が患者として病院にかかった時、改めて気づく「うわー…」と感じること、ありましたか?
ナースの経験談をまとめました!

自分が患者になった時

■看護師でも、わかりません!

医療従事者という理由で、あまり説明なく、わかるでしょ!的、対応の時。かなりムッとしました。

はじめての出産の時、分娩台に乗った瞬間「看護師なんだから、いきみ方わかるよね?頑張ってね!」と、看護師の一言。

点滴が漏れて血管痛があるためナースコールしたところ「で?どうしてほしいの?」と冷ややかに言われたりとか。

1 2 3

[][][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ラウンジ☆セレクト」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト