ナーススクエア
icon_kabe
過去に乗り越えた「最大の壁」

ナースが一番「人生の壁だった」と感じているのは、〇〇時代!

2015年09月17日 3,368 アクセス

生活している中であたった「人生の壁の乗り越え方」をご紹介しているこの企画。
様々な「人生の壁」をいただきましたが、特に多かったのが今回から2回にかけてお届けする「学生時代」です。
実習やレポート…みなさんはどうやって乗り越えたのでしょうか?それでは、どうぞ!
kabe 3

学生時代の「人生の壁」

ベッドメーキング

いま考えると笑えるし、友達とも笑い話だが、基礎看護のベッドメーキングの手技テストで、学年で一人しか受からなかったのは衝撃的だった。
その後みんなで連日夜遅くまで、必死に練習した。手から出血するまで・・・。
就職してから一回も使うことのなかった手技。

実習中の入院

緊張と寝不足とストレスで実習中に胃潰瘍が出来てしまい、Drストップがかかった時に、人生で最大に悩みました。
いままでクリアした実習もすべてゼロに戻るため、翌年に新しく実習に望むか、あきらめて准看護師で働くか・・・
心優しい職場の皆さんに支えられしばらく休みを頂き、気分転換に一人旅に行ったりして前向きになることが出来たので看護師経験20年の今の私があると思います。

小児科実習

小児が苦手で、担当教員も苦手で。
授業から実習、全てにおいて目をつけられ。何をどう頑張っても認めてもらえず。本当に病んで死にたくなりました。
初めて母に電話で大泣きして、何時間もかかる距離なのに、夜中なのに、これから行くよと言われ、明日学校で先生と話すよと言ってくれました。
迷惑かけたくないと思い、がむしゃらになって、再試験や補習をしながら食い付きました。
母のおかげです。

教員

忘れもしない学生時代のこと。
実習で複数の先生から「あなたは看護師に向いていない。はやくやめた方がいい」「看護師にならないのなら卒業させてあげる」「やる気がないならやめたら」等々ひどい言葉を言われました。
そんな言葉や先生の態度で精神的にも追い詰められた私。心理の先生に話をきいてもらったり家族に「好きなようにしたらいいよ」と励ましてもらったり…。なんとか毎日を過ごしている状態でした。
実習中は常に退学届を携帯し、看護師にはならないと周りに宣言、他の学部の学生に混ざって就職活動をしていました。
でも次第に先生に言われたからと看護を諦めるのもバカらしいと思い、また悔しかったので看護師以外の看護職を目指すことにしました。たどり着いたのは、保健師。
たくさんの人と同じ目線で考えられて、逆にたくことを学ばせてもらえてよかったなと思っています。

→先生との相性もありますよね…
1 2

[][][][][][][][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「過去に乗り越えた「最大の壁」」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト