ナーススクエア
icon_kabe
過去に乗り越えた「最大の壁」

ナースがぶち当たった「人生の壁」 私はこう乗り切った!!

2015年09月03日 2,994 アクセス

人生の中には、様々な「壁」が存在します。ナースのみなさんは、どうやって人生の壁を乗り越えてきたのでしょうか??
今回は「仕事」編です。それでは、どうぞ!
kabe 1

ナースの仕事で遭遇した「壁」

一人前と認めてもらえる壁

色々な業務を大変な思いをしてこなしてやり抜いたことで、リーダー業務につかせてもらったとき。
長年のブランクと母子家庭で子供二人を育てながら夜勤をこなし、業務をこなし、今思えば人生で一番苦労というものを味わい、到達できた人生の壁だったと思う

透析室勤務を継続すること

看護経験はあったものの40歳を過ぎての透析室勤務は厳しかった。
3か月間プリセプター制で、指導してくださったにも関わらずなかなか覚えも悪く、軌道に乗らなかった。
新人さんもリーダー業務に入る中、自身の力量不足のため自分に自信がつく6か月後までリーダー業務をお断りした。
自分でも、自費で研修会などに出席し勉強して乗り越えた。
10年以上の透析室勤務もでき、透析患者さんの海外旅行の同伴も経験できさらに良い思い出となった。
指導しサポートて下さった師長はじめスタッフの皆さまに感謝しているこのごろです。

女子社会

全ての人と全ての領域で気が合うことはないことを受け入れ、実習や業務に不都合が生じなければ必要以上に仲良くする必要性はないという信念を持ち始めたら楽になった。

苦手な先輩看護師との人間関係

前に働いていた病院にいた看護師さんで苦手な方がいました。
気にさわることがあれば怒ってしばらく話を聞いてくださらないし、仕事もやらなくていいと言われ、やらせてもらえませんでした。
落ち込みましたが、できる仕事を精一杯頑張ったり、その看護師さんにどう接すればいいかほかの先輩から聞いてその看護師さんを不快にさせないように努力したりしました。
一度心が折れてしまうと立ち直るのが大変なので、できるだけ気にせず、ストレスを発散して平常心を失わないようにしました。

先輩に暴言吐かれる日々

「考えて仕事していない!!と、他のスタッフに言うのが聞こえる中、辞めたいと思う反面、どこに行っても同じかも…と考えを改め、勇気を振り絞りながら自分の考えをその先輩に言い、指導をもらった。
今、その先輩とは、とても仲良しになれました。

→苦手な先輩と仲良しになれたなんて、すごいです!!
1 2

[][][][][][][][][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「過去に乗り越えた「最大の壁」」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト