ナーススクエア
icon_jissyu02
実習中の、大変!と嬉しい!

辛かった実習。でも、「嬉しい」と感じたのは…

2015年09月11日 939 アクセス

「実習中の大変だったこと&嬉しかったこと」をご紹介してきたこの企画。
最終回の今回も「私もあったなぁ…」と懐かしくなる、そんな嬉しかったことがいっぱいです。それでは、どうぞ!
zissyu egao 3

実習先の病棟で…

日中は学生である私が訪室し、関わりを持つ時間が長かったことが、患者にとっての刺激になっており、せん妄が緩和されていたと看護師が申し送りをしていたこと、そのことがカルテに記録されていたこと。
学生にとってはプロである看護師が、私の存在が及ぼした影響をそのようにアセスメントしていることを知り、学生でも少しは役に立てたのだと感じて嬉しかったです。

産科実習で、2日しかないのに 帝王切開と自然分娩が見れたこと。
感動しました。

オペ見学の実習の時、オペ看に「あなたにはあなたにしかできない看護がある」と言われたことが一番嬉しかった(*´ー`*)

指導者さんが多忙で病棟のことを質問するタイミング等いろいろ気を使ったのですが、指導者さん以外のナースが気をまわしてその方が対応してくださったり、指導者さんの業務を代わって学生の対応に振ってくださったり、そういうスタッフさんの気遣いが嬉しかったです。

無茶厳しい学校・実習先施設でしたが、厳しい中にも愛のムチが感じられた時。

当時はのんびりもしていたのだと思います。
看護師さんが、お茶の時間に「学生さんもどうぞ」と、詰め所の奥の看護師さんの休憩所にいれてくださり、お茶やケーキをご馳走してくださいました。飲み会にも連れていっていただきました。

→指導者さん以外のナースも含め、病棟みんなで実習をサポートしてくれています♪
1 2

[][][][][][][][][][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「実習中の、大変!と嬉しい!」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト