ナーススクエア
icon_column
ナース・エッセイ

いつも私のときに、患者さんが…

2015年08月01日 1,768 アクセス

テーマ:看護師になって辛かったこと

お見送り

miokuri

なぜか私のとき…

一か月に7~8人亡くなる病院へ配属されて2ヶ月程。
患者さんが亡くなるのは、決まって私の勤務終了直前。
吸引もしているし、誰か必ず一緒に観ていて、一緒に勤務している人も処置に入ってくれてます。
細かい熱型やレートの変化も気にしているし、複数人で代わる代わる観ているのですが、なぜか私のとき…。

自分の何がいけなかったのか

あのときは辛かった。
私が何か間違ったのかな?私が何かやり忘れたかな?
吸引が不十分だった?モニター見落とした?熱型見落とした?
何がいけないの?

今ならわかる、先輩の言葉

答えは寿命
ですが、毎回私のときってなると、自分のミスの可能性を考えてしまい、毎日辛かったです。
いまは違う同僚が毎回当たってます。
「巡っていくもの」そう言われましたが、経験の浅かったあの頃は理解できず、苦しかったです。

●執筆●にょにょにょ さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

[][][][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ナース・エッセイ」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト