ナーススクエア
icon_bbs
ラウンジ☆セレクト

申し送りが苦手な人、必見!上手く伝えるコツ

2015年03月04日 37,589 アクセス

緊張もあってか、言葉や文面が纏まらず、日勤帯から夜勤帯へ、また夜勤帯から日勤帯への申し送りがとても苦手です。先輩にも、何を言いたいのかちっともわからない、と言われてしまいます。
上手く、分かり易く申し送り出来る方法を教えて下さい。他に、発言、発表も苦手です。

人に何かを伝えることは、難しいことです。自分の考えが上手くまとまらなかったり、頭の中が真っ白になってしまったり、しどろもどろになってしまったり…それゆえ、「申し送りが苦手」というナースも少なくないでしょう。

今回は、申し送りが苦手なナースは必見!
ナースラウンジに投稿された、申し送り時に気をつけたいポイントやコツ、アドバイスをまとめました。

まずは基本をおさえよう!

■メモの取り方にも工夫を

気づきはそのつどメモに書いておけば楽です。

よく自分ノートにメモってましたよ。文章にして残す余裕はないので、自分だけの暗号っていうか、サインみたいなもんを考えて、それを組み合わせてメモったり…

時系列でバイタル・発言・観察内容・自分のしたことなど、順番を決めて伝える。そのためには時系列で伝えられるように仕事中にメモをすることが必要。

■あらかじめ、送る項目を決めておくというテも!

病棟で申し送りの型を決める。例えばバイタルサインを一番先に言う。バイタルサインの何からどのようにどの順番で言うとか細かーく決める。あらかじめ型が決まっていると、その事だけ言えばいいので、楽。

送る前に送ることを、イメージするように、言われたことあります。

私のチームでは、まず朝の会で、その日、自分の受け持つ患者に対して、何を重点的に看護するかを発表します。申し送り時には、その観察点と、変化のあった事、例えば薬剤の変更や処置の変更、または継続して行って欲しい事などの報告を行います。

自分の知らない情報収集をし、次に送らなければならないスタッフの勤務を見てその中で必要な情報を申し送ります。後は最初に一番気をつけて欲しいことや変化のあった患者さんの事をデータや状態に関連させて指示内容や変更事項を送れば送られるスタッフもわかり易いと思いますよ。

1 2

[]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ラウンジ☆セレクト」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト