ナーススクエア
icon_koe
ナース専科「みんなの声」

ナースの知識が日常生活で役立つのは、〇〇なとき!!

2015年02月24日 1,048 アクセス

看護師の資格を取得するのは、とても大変なことです。
そんな中、「看護師の知識が日常生活に役立つ」ことって何でしょうか?
会員のみなさんに聞いてみました!

集計期間:2015-02-13~02-18
有効票:1,345票

「周りの人が病気になったとき」が半数を超える結果に!

minna69

他を大きく引き離し、「周りの人が病気になったとき」がTOPとなりました。これは看護師ならではですもんね。
それでは、みなさんのコメントをご紹介していきます!

自分や家族など、周りの人が病気になったときです!

周りの人に頼ってもらえます!

受診先はどこが良いかなどを教えてあげれる。
最近は病気などをネットで検索した結果聞いてくる人も居るので、自分より変に知識ある人も。

実際に事故現場での対応と親戚などからこんな症状なんだけど、どうしたらいい?と電話がある。
いいアドバイスができ病気の早期発見や症状の緩和に努めれて、ありがとうと言われ、頼りにされる。
自信のない科に関しては教科書を引っ張り出す事もある。

親から疾患について聞かれた時に、その疾患の症状などを教えることが出来た。

親や友人は、病院に行ったほうがいいのかなと悩むとき、まず私に電話するようです。

病気や怪我の状態予測ができます

経過と結果が予測できるから、漠然とした不安はないかと思う。

怪我をしても慌てない
お互い酔っていて、彼が足を割れたお皿でぱっくり切ったときも応急手当して、そのまま寝た。
翌日酔いが覚めてから病院に行ったが、初期対応が良かったから、本当は縫うほどだけど、縫わなくても良くなったと言われたらしい。

自分の病気も診断できました

私自身がSAHで倒れながら、「これってSAHに違いない。」と救急車を待つ間に家族にこのまま、入院だからって言っていた。

→SAHを発症しながらも、入院すると家族にいえたなんて、すごい…!!!
1 2

[][][][][][][][][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ナース専科「みんなの声」」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト