ナーススクエア
admin-ajax
知ってる?知っ得!ナースのお金事情!

看護師の「年収の壁」 一番損する働き方は?

2015年01月13日 23,432 アクセス

本当に損?103万円・130万円の壁

子育てがひと段落した方や、ブランク明けの方でも働きやすいのが、非常勤という勤務形態です。
非常勤で働く人が気をつけるべきとよく言われるのが、「103万円の壁」と「130万円の壁」。 ただ、それ以上稼いだ場合でも、家計へのダメージは意外と少なかったり、長い目で見るとむしろメリットがあったり…。
キーワードは「配偶者特別控除」と「社会保険への加入」。 「壁を超えると本当に損なの?」「損しない働き方は?」という疑問について解説します。

103万円の壁は意識しすぎなくてOK

そもそも、103万円の壁とは?

所得税の算出方法は、(所得金額-所得控除)×税率。
つまり「所得控除」が多いほど、所得税が安くなります。
所得控除には、

  • ・収入がある全ての人に適用される基礎控除(38万円)
  • ・会社員の所得税や住民税の計算にあたり、給与収入から差し引くことができる給与所得控除(65万円)
などがあります。
年収103万円であれば、給与所得控除65万円+基礎控除38万円が引かれて収入ゼロと見なされるというわけです。
そして
・配偶者の所得がない場合に適用されるのが、配偶者控除(38万円)
妻の年収が103万円以下なら、この38万円が夫の収入から控除されますが、103万円を超えると収入がゼロと見なされず、配偶者控除が受けられません。
これが年収103万円の壁の正体です。

103万円の壁を意識しなくて良い理由

しかし配偶者控除が受けられなくても、年収140万円までなら配偶者特別控除(3~38万円)が受けられます。 ちなみに年収104万円なら、控除額は38万円。配偶者控除と同額です。
これにより、あなたの年収が上がれば控除額は段階的に減り、それに伴って夫の税負担が増えます。 また、妻の年収が100万円、103万円を超えると、それぞれ住民税と所得税の負担が発生しますが、いずれも収入の増加分に比べて税額の増加は少ないため、このラインはあまり意識する必要がないと言えるでしょう。

130万円の壁は重要

130万円の壁とは

130万円の壁とは、別名「社会保険の壁」。
年収が130万円未満なら夫の扶養家族と見なされるため、妻の健康保険料と年金保険料は夫が加入している社会保険制度から負担されます。
妻が自ら保険料を払う必要はありません。

130万円の壁が重要な理由

しかし年収が130万円を超えた場合、夫の扶養から外れるため、妻自身が保険料を支払う必要が出てきます。 その結果、年収130万円未満の時より手取り収入が減少し、言ってみれば「働き損」の状態に。

130~180万円はここに注意!

世帯全体の収入や夫の勤務先の扶養手当の有無や条件にもよりますが、一般的に妻の年収130~180万円はちょうど負担額が多く、労働時間の割には世帯収入が増えない額と言われています。
また、年収100~130万円で働ける職場はかなり見つけづらいのですが、130万円を境に徐々に増え始め、180万円以上なら更に見つけやすくなります。

130万円以上なら社会保険への加入を

加入することでのメリットは?

130万円の壁を超えると妻自身に保険料の支払い義務が発生するため、一見家計への影響が重いように感じます。 しかし、もし社会保険へ加入できるのであれば、

  • ・将来受け取る年金が増える
  • ・疾病手当金や出産手当金を受け取れる

などのメリットを享受できるため、生涯収入は増加するということが期待できます。

加入には条件あり

ただし、非常勤の看護師が社会保険に加入するためには、以下2つの条件を満たす必要があります。

  • ★一日、または一週間の労働時間が、正社員の看護師の労働時間と比較して概ね3/4以上であること
  • ★一ヶ月の労働日数が、正社員の看護師の労働日数と比較して概ね3/4以上であること

特に都心部に多い時給が高い病院では、年収は130万円以上でも、この3/4要件を満たせないケースもあるので要注意。
社会保険に加入でなければ、扶養だけが外れ、国民健康保険料と国民年金保険料を全額自分で払うことになります。
厚生年金の増額やその他手当金の支給もありません。

「年収の壁」まとめ

ここまでの要点をまとめると、

  • ◆103万円の壁を超えても、家計にはほぼ響かない!気にしなくてOK
  • ◆社会保険に加入できれば、130万円以上でもむしろメリットが!
  • ◆社会保険に入れず、かつ年収130~180万円程度が一番損をする!

180万円以上稼げる職場なら、充分家計の助けにもなり、しっかり働くことでキャリアアップにもつながります。 さらに労働時間に対する報酬と勤務先の多さも加味すれば、最もバランスが良く、ズバリ狙い目と言えそうです。

▼こちらもチェック!
「年収103万円の壁」配偶者控除が廃止されるとどうなる?

控除?社会保険?その他細かい条件から探すなら

ナース専科でも、「残業なし」「休日多め」「給与高め」など、あなたの希望条件に合わせて、お近くの看護師求人を簡単に検索できます。
>>さっそく、求人を検索してみる。
編集 ナース人材バンク
年間10万人以上の看護師さんが利用する、実績No,1の転職支援サービス、 ナース人材バンク が運営する「ナースの転職知恵袋」から、看護師転職のお役立ち記事・情報をお届けします。

[][][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「知ってる?知っ得!ナースのお金事情!」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト