ナーススクエア
icon_column
ナース・エッセイ

自分の職場に入院するハメに!その時ナースは?

2014年12月10日 1,170 アクセス

テーマ:立場逆転!ナースが「患者」になった時

脱水で入院

JU010_72A

自身がナースとして働いている病棟に入院

だいぶ前のことですが、仕事と家庭、育児と忙しかった時に具合が悪くなり、自分の勤める病院を受診。診察してくれたのは、いつも一緒に働く外科Drでした。
吐き気、嘔吐があり食事はとれず水分もとれませんでした。主人がついてきてくれたのですが、「こんなんじゃ、なんにもできんよな。」といわれ、即、入院になりました。それも、自分のはたらいている病棟です。

同僚から受ける看護

同僚の看護師がラインをとりたくても脱水でとれず、先生も脱水だから無理だろうと思ったらしく「何にもすることないな。」と、いい正中にサーフロを入れられ、持続点滴になりました。
初めは仕方無いなとおもっていたのですが、食事開始になっても点滴は抜けず、右腕の正中だったので食事も食べにくかったです。
歯を磨きに行くと「あれ~?看護師さんだよね、点滴どうしたの?」「看護師さんでも入院するんだ。」と、大笑いされました。   

患者になってわかったこと

持続点滴の苦痛と針を刺す時は、場所は重要だな。とつくづく感じました。
そして、夏だったので冷房を夜間切られることの苦痛も感じました。割と夜間の巡視も気になるものだなとおもいました。
絶対に入院はしたくないと思いました。

●執筆●さくら さん
このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

[][][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ナース・エッセイ」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト