ナーススクエア
admin-ajax
教えて!ナースの職場事情

プライマリーナーシングとチームナーシングの違い

2014年12月23日 101,581 アクセス

nurse_kanzya

看護師の仕事でメインとなるものは?と聞いて思い浮かぶのは、やはり患者さんとのやりとりです。 そんな患者さんへの看護方式の中には、プライマリーナーシングとチームナーシングがあります。 しかし看護方式にどれが正解というのはありません。それぞれに利点も懸念点もあるからです。
では、今回はこの2つの看護方式の定義と特徴を見てみましょう。

プライマリーナーシングとは?

プライマリーナーシングとは、患者さんが入院している間、ずっと一人の看護師がついて、患者さんそれぞれのニーズを把握しながら看護計画を立案して、実施していく看護方式です。 患者さんとの間に信頼関係が生まれ、より細やかな看護ケアを行うことが可能です。
一方、非常に大きな責任を一人で受け持つ必要があり、より質の高いケアが求められる看護方式といえます。
看護師は「私の患者さん」としてより深くかかわっていくことができます。

チームナーシングとは?

これに対して、チームナーシングは、看護師を能力ごとに均等に配置することで編成されたチームが、1つの病棟に2つ以上置かれ、一定数の患者さんを受け持つ看護方式です。
チーム内には必ず指導者がいるため、指示の下に新人ナースも業務を遂行することが可能です。 また、患者さんを一人で受け持つプライマリーナーシングと比較して、より多方面からの偏りのない看護ケアができるのが特徴です。

[次ページ]それぞれの特徴を詳しく!

1 2

[][][][][][][][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「教えて!ナースの職場事情」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト