ナーススクエア
icon_bbs
ラウンジ☆セレクト

厳しい実習指導に、学校からクレーム

2014年11月03日 29,854 アクセス

当院には、三つの看護学校から学生が実習に来ています。看護部長から看護学生には優しく接するように…との御達示があります。優しくすれば、学生はそのまま就職してくれるという考えです。

でも、だからでしょうか…。学生はダラけているように感じます。学生同士での私語とかね…。
まぁ、それは目をつぶるとしても、厳しい指導者がいると、教務と学生とでクレームが入るのです。だから指導者は、クレームが入らないように、丁寧語を使い、優しく接しています…。こんなんで良いんでしょうかね。

厳しければ良いというわけではないけれど、さすがに命を扱う現場、「優しさ」だけでは乗り越えられない世界です。
それを身をもって体験するのが「看護実習」のはず。

でも、それを理解してもらうための厳しさでさえ、クレームの対象になる現実…。
「辞めないように」「泣かないように」「良い印象を持ってもらうために」、優しくする看護実習に意味はあるのでしょうか?

現場の指導にあたる投稿者へ寄せられた多くのコメントをまとめました。

看護実習、現場の「リアル」

■「学生への指導は優しく!」は、もはや定番?

うちにも学生は来ますが、院長とか先輩看護師は優しくしてあげてと言いますね。そのせいか学生は事前学習してこなかったり、レポートも誤字脱字ばかり。学生同士の申し送りも、どの看護師が優しかったかを聞いてきて、学習のことは全然聞いてません。

看護学生です。わたしが実習させて頂いている病院でも、学生に怒らないようにってなっているみたいです。

母も看護師ですが『実習生には優しくしてね。病院のイメージ崩れるから』と言われて納得いかなかったみたいです。

学生指導に限らず、新人教育も今や褒めて伸ばせの時代…かといってロクに仕事を覚える気もなく、理屈は一著前に言うくせにたいして患者とも関わろうとしない…辞めなきゃいいのかよ、どうなってんだかって日々思います。

私の勤務先にも大学や専門学校から実習生が来ます。質問しない・指導しない・叱らない…学生さんへの教育や指導は専任や主任がするので、スタッフは普段通りに業務に当たれ、です。

■「厳しい」と「優しい」、履き違えてませんか?

丁寧語使うのは普通だと思うのですが。指導が厳しい=言葉遣いが雑、は、それこそ「もう昔の話」のことだと割り切りましょう。

厳しいのと、相手にしてなくて雑に扱うの区別がつかないんだと思いました。

“優しい”という言葉を、今の学生も学校も履き違えていると思います。もちろん病院側も…学生が思う”優しい”だけの指導じゃ看護はできません。厳しいことの中に、楽しみを見いだせるよう指導できたら一番ですが…なかなか難しいですよね。。。

「厳しい」とはどういう事なのかをしっかり考えるべきだと思います。手取り足取り、全て答えを教えてもらえば楽ですよね、でもそれが実習生の為になるんでしょうか?

■本当にいる!?こんな実習生・看護学校

老健施設勤務です。二校から看護学生が実習に来て居ますが…、まぁそこそこ礼儀はあるのですが、今の学生は随分楽で恵まれてる感じです。見学?という実習?ただ側に立って傍観してる感じで、邪魔くさいだけです。

学生としておかしい言動を指導されただけなのに「あの人恐い」と触れ回る人はいました。はっきり言って馬鹿だと…。そういう学生の話を鵜呑みにしてしまう学校や、看護師が欲しい病院は、学生に辞められたり、就職しなくなるのが困るから敏感なんですかね。

実習前会議の際、「うちは大学卒看護師なので将来は管理職となってゆく子たちです。実習では患者さんの症例研究ではなくマネージメントやリーダー業務を中心とした見学を主にお願いしたい。」といわれました。参加していた各病棟の指導者たちは「はぁ…。」としか言えなかったそうです。

「あの指導者はこの私を集中攻撃した!患者のフリして院長宛てに名指しでクレームいれてやる!」(実際に学生を集中攻撃したかどうかはよくわからない)って人は、たっまーにいますよ。

1 2 3

[]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ラウンジ☆セレクト」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト