ナーススクエア
icon_ixil_65
妊娠・出産

妊娠中、子供の体重を増やすには!

2014年11月01日 71,474 アクセス

ixil_41

現在妊娠9カ月の妊婦さんですが、お腹の赤ちゃんが思うように大きくなってくれなくて心配しているようです。妊婦検診で「お腹の赤ちゃんの為にしっかり食べて!」と言われ頑張って食べているのですが、なかなか大きくなってくれません。何かお腹の赤ちゃんのためになる食事などがあればアドバイスしてほしいと言っていますが、助産師さんからお話を聞くことができましたので見てみましょう。

妊婦さんからの相談:現在妊娠9カ月。しっかり食べてもお腹の子供が大きくなってくれません・・・

妊婦検診で赤ちゃんの体重の増えが悪いことを指摘され、しっかりと食事を摂るように言われたママですが、食べてもあまり変化がありません。2500g以下で赤ちゃんが生まれた場合は保育器に入ることになると言われており、ママはとても不安になっています。

現在9カ月目(33週)の妊婦です。子供が1500gぐらいとエコーで診断されてからなかなか大きくなりません。病院で「お子さんのためにしっかり食べてください」と言われ食べているのですが思うように大きくなってくれません。お腹の赤ちゃんのためにこれが良いという食事はありますか?また2500g以下だと保育器に入れなければならないと言われてとても焦っているのですが、出産予定日までの1カ月の間におなかの子供が1000g以上大きくなることはあるのでしょうか?結構頑張って食べても先月の検診からなかなか大きくなってくれないのですが、エコー検診で子供には異常は見られていません。(30代・女性)

食事は量より質!1日3食、偏りのないバランスの取れた食事を心がけるようにしましょう

食事はある程度の量を食べることは勿論大切ですが、食べた分全てが赤ちゃんの体重になるわけではありませんよね。主食・副菜・汁物をバランス良く摂取して、ちゃんと身体の栄養になるものを食べるようにすることが大切です。

食事はただ単に、量を増やした分が赤ちゃんにいくものではなく質が大切になりますので、1日3回栄養価の高いものをしっかり摂ります。主食で玄米・全粒粉等の穀物を摂ることで食物繊維やミネラルも補給できますし、副食でたんぱく質を補うため、肉・魚・大豆・卵を偏りがないように取り入れます。汁物でもお野菜をたっぷり使い、からだを温めることが大切です。(助産師)

体が冷えると血流が悪くなり、栄養も届きにくくなってしまうので、キンキンに冷えた飲み物よりは常温に近くしたお茶や水を飲むようにしてみて下さい。また夏野菜(トマト・ナス・キュウリや生サラダ)などは食べすぎると体を冷やしてしまうので、お野菜は温野菜など火を通してお食べになるといいでしょう。(助産師)

エコーでの体重計測はあくまでも目安。これから出産までの1カ月、まだまだ体重増加の見込みはあります!

エコーを使っての体重予測はあくまでも目安であって、実体重とは誤差が出る場合も少なくないと助産師さんは説明しています。臨月に入ると1週間に200gの体重増加が平均と言われていますので、これからまだまだ赤ちゃんの体重が増える見込みはありますよ!

エコーでの推定体重の評価は、赤ちゃんの体の向きや位置により誤差が必ず出てきますので、200~300gの誤差は範囲内とお考え下さればいいでしょう。あくまでエコーの計測ですので、胎児の位置によって体重が小さくも大きくもなります。2500g以下に推定されていた子が実際は2800gぐらいあった、ということもあります。(助産師)

この時点でドクターより、食事指導のみの説明であり胎児も問題なくその他の指摘がなければ、まだまだこれから体重増加の見込みがあると思われます。臨月に入ると、1週間おきの妊婦健診で約200gの増加が平均といわれていますので、これからの体重の伸びに期待ですね。(助産師)

赤ちゃんへ栄養を送るための血管(臍帯)の血流が悪いと、赤ちゃんが大きくならないことも

何らかの理由で胎盤と臍帯の血流が悪い場合、赤ちゃんに思うように栄養が行き渡らず成長が遅れることもあると、看護師さんは言っています。またママ自身が小さく生まれたり小柄である場合、生まれてくる赤ちゃんもママと同じように小さいこともあるようです。

母親の身長が小さ目であったり、生まれた時の体重が小さかったという方のお子さんは、やはり母親同様に小さく生まれることもあります。(助産師)

胎児へ栄養を送るための血管(臍帯)が細かったり、首や体に巻きついてしまって血流が悪くなっていたり、また母体の血圧が高い・喫煙しているなどによって血流が悪くなることもあります。この場合は、栄養をとっても胎児の成長が悪くなります。(助産師)

胎盤と臍帯の血流が不十分であると体重は増えてきませんので、しっかり体を休めるのも体重を増加させるポイントです。家事の合間に少しお昼寝をとるなど、適度にお母さんが身体を休めて心穏やかにいてくれると、赤ちゃんへの血流もよくなり摂った栄養がしっかり赤ちゃんに届きます。(助産師)

現時点で、医師から食事以外に特に指摘を受けていないのであれば、まだこれから赤ちゃんの体重が増える見込みはありそうだと助産師さんも言っていますね。検診で赤ちゃんに異常は見つかっていないとのことですので、今は体を冷やさないように栄養価の高い温かい食事を摂るなどして、出産までの1カ月ゆっくりと体を休めて下さい。

「イクシル」は、妊娠・出産、産後、子供の病気・ケガ、子育て等の悩みや疑問に対して、 「なるカラ(おしえてナース)」の回答を元に作成されているニュースコラムサイトです。
あなたも「おしえてナース」に参加しませんか?悩み相談に答えてポイントGet!

イクシル記事リンク)

関連リンク(イクシルのサイト)

  1. 妊娠9カ月、歩きすぎると早産することがあると言われ、心配です。
  2. 妊娠後期に入り便秘が悪化!ラキソベロンを飲んでも改善されません
  3. 授乳中の体調不良。薬を飲まずに我慢すべき?

[][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「妊娠・出産」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト