ナーススクエア
icon_bbs
ラウンジ☆セレクト

国試はもっと難しくすべき!?

2014年09月22日 3,045 アクセス

「看護師の質を上げる」には、もっと国試を難しくすべきではないのか。

1人のナースの投稿が物議をかもしました。
投稿主の主張は、一般状況のみでも「深く考えなければ解けない問題にする」べきではないかということ。
そして、少なくとも専門職を名乗るに恥ずかしくないレベルの知識にまでブラッシュアップするべきということ。

「看護師の質を上げる」ためには、一体何が必要なのか?
現場を知り尽くしたナースから、本当に多くのコメントが集まりました!

国試って…

■そもそも、こういうものでしょ?

頑張ってきた人達を認めるテストであり 落とす為のテストであってはいけないと思います。

たった一回の試験で質を問えるとは思えません。また、国家試験の意義は受験者の質を問うことにはないと思います。

昔の世代の焼き直しの問題や毎年ほぼ90%は受かることが約束された同じレベルの試験で満足なのかな?とは思うなぁ。

国家試験は、ある一定年限を経て知識を習得しているかの確認であり、現場では役に立つための実践能力には程遠いように思います(学生の方たちには申し訳ありませんが…)。

■それよりも前に…

知識や技術ももちろん必要ですし、素晴らしい看護師さんもたくさんいますが、わたしは人としてモラルのある看護師が増えて欲しいと切実に思います。

国家試験の強化だけで質の向上は望めるかというのも甚だ疑問なところです。国家試験の内容だけで職業倫理観やモラルを問うことは当然困難なことだと思うからです。

人間性も点数化できるなら良いんですけれどもね…。看護に必要なのって、知識だけですかね?

国は対策おそいですから、そんないつになるかわからないことに期待するより、自分のプリセプター(指導者)としての技術を磨いた方がいいと思います。

『患者さんに不利益が及ぶかもしれないけど、とりあえず頭数足りないし仕方ないよね?』と、本来天秤にかけちゃいけない部分を妥協しすぎなんじゃないかと。

1 2 3

[][]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「ラウンジ☆セレクト」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト