ナーススクエア
admin-ajax
たくさんある!ナースの活躍できる場所!

あなたは「○○科向き」!性格別オススメ診療科

2014年08月12日 30,642 アクセス

何科にしようか迷ったら・・・

転職する際、「次は何科で働こうかな?」と悩んだ経験はありませんか? そんな皆さんに向けて、ここでは、性格のタイプごとに「向いているかも?」と思われる診療科を挙げてみました。職場選びのヒントになれば幸いです!

性格別!オススメ診療科5選

【行動力がある】【勉強が好き】【プロセスより結果重視】→外科系

スタッフの動きや患者の容態の変化が速い外科系では、フットワークの軽さはもちろん、判断力も必須。 どんな状況でも冷静に判断し行動するために、日々勉強を怠らないストイックさが求められます。 外科系の疾患は手術による変化が目に見えやすく、患者の回復が早い傾向があります。 治療のプロセス以上に、「治った」という結果にやりがいを感じる人にもピッタリと言えそうです。
※外科系・・・手術を行う科の総称。外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科など

【おっとりマイペース】【聞き上手】【根気がある】→内科系

1人1人の患者をゆったり・じっくり看護したい人は、患者の入院期間が比較的長い内科系がオススメ。 看護師との会話を楽しみにしている患者も多いので、聞き上手な人も、内科系ナース向きと言えます。 内科系の入院患者の中には、慢性疾患を抱え、長引く治療のために、精神的にナーバスになっている人も。 患者を励まし、苦痛を和らげながら、二人三脚で回復を目指す根気強さも求められます。
※内科系・・・基本的に手術を行わない科の総称。内科、精神科、循環器科、アレルギー科など

【子供が好き】【ノリが良い】【些細な変化や人の気持ちに敏感】→小児科

子供の世話をすることに喜びを感じ、子供と同じ気持ちで、日々の些細なことを楽しめるノリの良さがある人なら、小児科で楽しく働けるでしょう。 また、ちょっとした変化や人の気持ちを敏感に察する能力も、小児科ナースに必要なスキル。 例えば、言葉で症状を伝えられない子供に対しては、顔色の変化などに気を配ることが求められます。
愛する我が子が病気と闘っているという、親のデリケートな心情を察し、ケアすることも必要です。

【血・内臓を見ても平気】【体力・集中力がある】【チームで働きたい】→オペ室

「血も内臓も平気。むしろ人体の構造に興味がある」という人なら、オペ室ナースの第一条件はクリア。 数時間、十数時間に及ぶオペに立ち会うこともあるため、体力と集中力があればなお望ましいでしょう。 オペ室に対して、「人と話さない」「仕事を黙々とこなす」というイメージを持つ人もいるようです。 しかし実際は、医師やスタッフとの連携やコミュニケーションが手術成功のカギ。
個人プレーよりもチームプレーが好きな人こそ、オペ室向きと言えます。

【聞き上手】【チームで働きたい】【勉強が好き】→透析

透析では、患者と数年にわたる長い付き合いをすることが多いです。患者との円満な関係を築き、信頼してもらうためには、コミュニケーションがカギ。 人の話をよく聞き、本音を引き出せる聞き上手な人なら、患者も心を許してくれるでしょう。 医師や技士らと連携して治療を行うことが多いため、チーム医療を円滑に進める協調性も必要です。 また、透析はとても奥が深い分野。合併症や感染症について勉強し、知識を深めることも求められます。

どんな求人があるのか見てみたいなら

ナース専科でも、「残業なし」「休日多め」「給与高め」など、あなたの希望条件に合わせて、お近くの看護師求人を簡単に検索できます。
>>さっそく、求人を検索してみる。
編集 ナース人材バンク
年間10万人以上の看護師さんが利用する、実績No,1の転職支援サービス、 ナース人材バンク が運営する「ナースの転職知恵袋」から、看護師転職のお役立ち記事・情報をお届けします。

[]


会員登録 / ログインで記事の評価やクリップができるようになります


Twitter Facebook

「たくさんある!ナースの活躍できる場所!」 連載記事バックナンバー


アクセスランキング

キーワードからさがす

検索

人気トピックランキング@ラウンジ
転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト