ラウンジ

患者様に必要な援助

07月03日23時41分

6コメント 473アクセス
質問失礼します。
現在基礎実習中の学生です。
意識障害がありADL全介助の患者様の受け持ちさせて頂いて2週目になります。
昨日今日と実習指導者より実習の内容で指導を頂きました。
これまで受け持ち患者様のバイタルサイン測定や清拭、陰部洗浄や口腔ケア、入浴介助、経管栄養や投薬の見学などで目標を考えてきました。
2週目に入り、翌日の目標を聞かれ他の患者様で食事介助を見学してよいか伝えると「受け持ち患者さんでもっとできることがあるからまだ早い」と言われました。
そして前回上手く出来なかった事を踏まえた内容で1週目と同じ項目の目標を伝えると「またやるの?もうあまり日数がないから他の事考えて」と言われました。
手浴や足浴は屈曲制限があり難しく、色々と考え「眼脂が毎日出ているから蒸しタオルで顔を拭く」や「手指に拘縮があり股に発赤が出来ているから部分清拭をする」と伝えると、頭を傾げて「それはわざわざ目標にあげる事?昨日入浴したのに清拭するの?自分がしたいからするんでしょ」と言われました。
グループのもう1人の学生は毎日のようにコミュニケーションを目標にあげていますが何も言われていません。今日も反省会の時に明日の目標が答えられずにいたら「何しにベッドサイドに行っているの?時間潰しに行ってるようにしか見えない。無駄な実習になってるの自覚ある?」と言われました。
正直、どうしていいか分かりません。
患者様に必要だと思って援助を考えても、全部空回りしているようで指導されます。
明日もコミュニケーションでいいよね、と言っている子が何も言われずむしろアドバイスをもらっている事、私と接する時と態度が違うのもありますが辛いです。
今日も「ベッドサイドでぼーっとしてたよね」と言われました。脱毛がひどく髪がいっぱい枕周りに落ちていたので綺麗にしたり、寝衣がぐちゃぐちゃだったので整えたりしていたのですがそれも時間を無駄にしているという事なのでしょうか。
先生は普段病院におらず、言い訳みたいになってしまうのではないかと相談しづらいです。
患者さんに必要な援助はどうしたら考えられるのでしょうか。

このトピックはベストナンサー選出済みです

ベストナンサー

実習は大変ですよね(u_u)
看護師免許は国試というより、あの辛い実習を乗り越えたから貰えるものだと思います^ ^

今は1年生の見学実習ですか?
それとも2年生の専門実習?

1年生の見学実習なら、主さんの何処が気に食わないの?と看護師を訝しんでしまうのですが、2週目となると、2年生?
そうなると、話が変わってくるのかなぁ?と思います。

2年生だった場合

患者さんの病態をかけないから、あえてだったらすみません。
でも、主さんの文章だと、看護師でなくて介護士の援助になっているかな?と思って。

患者さんの疾患、入院目的、退院目標を反映している計画にしないといけないかなと思います。

それらが反映されていれば、観察項目においても重要度は変わってきます。

以上の事を踏まえていて計画立案されていたら、すみません。

またお返事頂きたいと思います。

1年生だった場合

私もある病棟の実習では、3週間の実習で3人の患者を受け持たされました。
(患者さんが転院、退院されてしまった。でも同じグループの同期が受け持ったのは1人か2人。胸部外科だったのでそんなに入退院は激しくない病棟)
2人目の情報収集の時に、翌週退院って書いてあり、それを実習担当看護師に伝えたのに
「退院なんて聞いてないけど?」と言われ。
やはり退院されてしまい、3人目に変わる・・・
患者さんが変わってしまったら、また1から情報取って、その疾患の勉強ノート作って、計画立案も1から。
その病棟の間は毎日夜中もトイレに籠って記録書いてました。
(完全寮制で、消灯が決まってたので)
泣きながら書いて、勉強してました。
絶対に目つけられてたと思います(°▽°)
でも毎日食らいついて行けば、その実習も終わります。

その辛い実習を終えたら、他の病棟の実習はこんなに楽なのかぁ(^ω^)と思えました。

卒業して免許貰ってしまえば、笑い話です!

卒業後、勤務(そのまま付属病院に就職したので)していたらそのお方が私の勤務している病棟の先輩方に会いに来てて、
「あら⁉︎あなたここで勤務してたの⁉︎」なんて言われましたよ(・∀・)

理不尽な人もいます!
でも看護師にどうしてもなりたかったら、諦めたらダメですよ^ ^!
Best
07月04日02時09分

このトピックには6件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト